朝日開発 株式会社

会社概要

会社名 株式会社 朝日開発
住所、アクセス 〒920-2111石川県白山市鶴来朝日町230番地
メール
電話番号 076-272-0714
創 業 昭和58年11月4日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 坂本 保
事業登録 建設コンサルタント登録 国土交通大臣 建30第9077号
測量業者登録 国土交通大臣 第(4)-29243号
有資格者 技術士(農業土木)
測量士
1級土木施工管理技士
農業水利施設機能診断士
林業技師
採石業務管理者
ドローン検定CRPI公認指導員
無人航空従事者1級資格者
UAV農薬散布技能認定者
CALS/ECインストラクター
主な取引先 石川県
白山市
土木建設業者

事業内容

当社の事業内容です。お気軽にお問い合わせ下さい。

建設コンサルタント 土木設計(道路、河川、砂防、鋼構造及びコンクリート、農業土木、森林土木)
測量,調査 応用測量(基準点測量、地形測量、路線測量)
用地測量
GPS測量
3D計測サービス ドローン(UAV)測量、空撮
地上型レーザー計測

当社は無人航空機の飛行に係る許可申請(全国包括1年間、3機、DID、夜間、有視界外)を承認しています。

計測サービス紹介

ドローン(UAV)測量

UAV:Unmanned Aerial Vehicle(無人航空機)は「ドローン」の名称で多く使われています。
SfM/MVS:Structure from Motion / Multi-View Stereo
動画・静止画からカメラ位置を推定し、三次元形状を復元する技術です。
2つの技術を併用することで、UAV(ドローン)で空中写真を撮影し、オルソ画像と地形情報・構造物の三次元モデル(点群データ)を作成します。
オルソ画像とは、写真上の像の位置ズレをなくし空中写真を地図と同じく、真上から見たような傾きのない、正しい大きさと位置に表示される画像に変換(正射変換)したものです。

広範囲の地形データを短時間で観測できるため、需要が高まっています。
また、災害現場など人が近づけない場所の 写真や動画撮影にも使用されています。
3Dレーザースキャナー測量とUAV測量の3D点群データを 併用することにより詳細な3Dデータを作成できます。

当社は国土交通省「UAVを用いた公共測量マニュアル」に沿って測量を致します。

メリット

  • 低空での撮影のためデータが高解像度に、細かなデータの取得が可能です。
  • 地上測量と比べ広範囲の撮影が短時間に容易に可能になり、時間及び経費の軽減になる。
  • 災害現場、急傾斜地等立ち入り困難箇所での測量データ取得が可能
  • 業務進捗などがわかりやすくなる(3Dモデル等で土量変化等が取得可能)

デメリット

  • 写真に写ったものしか測量できない。
  • 山地が木で覆われている場合、地表面を写すことができません。
  • 木の高さでしか測量できず、地面の測量ができないということです。
  • 克服する手法として、写真ではなくレーザーを用いなければなりません。
  • レーザーにはUAV搭載型、地上型があります。

ドローン(UAV)測量の利用例

  • 道路、公園、橋梁、河川、砂防等、などの地形測量
  • 自然災害調査(急傾斜地などの危険箇所計測)
  • 建築物や構造物などの計測
  • 各種変位計測(土量、経年変化)
  • 遺跡・文化財調査
  • 広範囲の計測に有利

ドローン(UAV)測量を使用した調査事例

  • 一里野温泉SKI場
  • 砂防ダム
  • 法面測量
  • 百万貫岩
  • 採石場
  • 採石場
  • 田んぼ

YouTubeの動画は点群画面を動画にしたもので撮影動画ではありません。

導入機

作業手順

打合わせ協議
撮影計画作成
標定点設置(基準点測量)
飛行撮影
写真合成
解析整理
成果品(3Dモデル,オルソ画像,2次元平面図等)

地上型3Dレーザスキャナ計測

地形,構造物,建築物,文化財(遺跡,仏像,石垣)などの形状を高精度な3Dデータの点群データ(※)として取得します。
取得された点群データは形状測定はもちろん、3Dモデルの作成や2次元平面図・縦横断図等への変換が可能です。
地上型3Dレーザスキャナの計測(最大2,000,000点/秒計測)では、従来の測量方法にとらわれず、幅広い計測に使うことができます。

当社は国土交通省「地上レーザースキャナーを用いた公共測量マニュアル」に沿って測量を致します。

(※)点群データとは?

点群データは、X、Y、Zの基本的位置情報や色などの情報を持つ3次元データ(点の集まり)です。
点群データの取得方法としては「地上設置型3Dレーザースキャナー」、「UAV搭載型3Dレーザースキャナー」、移動するカメラで撮影(SFM)した複数枚の写真を用いて形状を復元する3次元モデリング技術の「UAVによるレーザー計測」、車両にレーザースキャナーを装備した移動式3次元計測システムの「MMS」などがあります。

メリット

  • 見落としすることなく、現地測量作業の大幅削減(時間及び人員の削減)
  • 人が立ち入る事ができない急傾斜地等のデータが安全に取得できる(安全確保)
  • 3Dデータなので色々な角度からデータを確認できる
  • 任意の位置から断面図が作成可能
  • デジタルなデータとして保存
  • 複雑な形状が正確に計測可能

地上型3Dレーザスキャナ計測の利用例

  • 道路、公園、橋梁、河川、砂防等、トンネルなどの地形測量
  • 自然災害調査(急傾斜地などの危険箇所計測)
  • 建築物や構造物などの計測(平面図、断面形状作成)
  • 各種変位計測(土量、経年変化)
  • 3Dコンテンツ制作
  • 遺跡・文化財調査

地上型3Dレーザスキャナ計測を使用した調査事例

  • 白山比咩神社
  • 旧加賀一宮駅舎
  • 横断地下道
  • 舟岡山
  • 砂防ダム
  • 災害現場
  • 法面測量
  • 百万貫岩

導入機

作業手順

打合わせ協議
計画準備,現地踏査
スキャナー設置
ターゲット(標定点)設置
スキャン(観測時間5分/箇所)
移動し順次スキャン
解析整理
(作業範囲点群解析,フィルタリング,接合,クリーニング)
成果品
(3Dモデル,CIM,BIM,2次元平面図等)